歪みエフェクター”soul food”が良かった件。

珍しく、人にも勧めたいエフェクターと出会ったのでエフェクターの話

スポンサーリンク

今なら「お勧めの歪みエフェクターあります?」と若い子に聞かれたら、迷わずエレハモのsoul foodを進める。

先日、ひょんなご縁でめぐりあった、Electro-Harmonix の soul food という歪みエフェクターが良さげだったのでご紹介。

Electro-Harmonixというメーカーは僕も昔から大好きなのですが、Big Muffなんかに代表されるような、どちらかというとかかり方の効果が極端なエフェクターが多いメーカーさんです。

個人的には「ここぞ!」って時に極端な効果を狙ってかける”飛び道具”なイメージでした。

なので、このsoul food というエフェクターも存在は知っていたのですが、そんな感じかな?と思って、特にチェックもしていませんでした。

出会ったきっかけ

先日、みるきーうぇいの香織ちゃんとバンドの作戦会議というか無駄話をダラダラとしていた時、帰り際に香織ちゃんがギター屋さんに寄ってから帰る…との事でついていったんですね。

そこで香織嬢がすすめられて試奏したのが、そのsoul foodというエフェクター。

あら?けっこう使えそうな音してるじゃないですか!?とビックリ。

香織ちゃん、即決で購入してました(笑)


香織ちゃんが試奏してるのを、これ、俺も欲しいなぁ~なんて思いながら眺めてました(笑)。

そもそも soul foodは、KLON CENTAURというエフェクターのコピーモデルである。

KLON CENTAUR(ケンタウロス)

有名なプロギタリストが使ってたりで元々人気の高かったケンタウロスなんですが

元から7万円ぐらいと定価も高いし、あげく2009年に生産終了しちゃったもんだから、今ではレアアイレムと化してしまって、値段も激上がり。

なんだか”伝説のエフェクター”みたいになっちゃってます。

ちなみに

僕ちゃっかりケンタウロスを使ってたりしますが
10300420_686323444766138_5073428072379996787_n

高けりゃ良いってもんではないのですが、高いものはやっぱり良いものが多い。

そして良い機材を使うと、やっぱり良い音がだせる。

ぶっちゃけ、てっとりばやいんです。

ケンタウロスさんには、そういう意味ではかなり楽をさせてもらってます(笑)

ところで

ところで

今、ケンタウロスっていくらぐらいなんでしょうかね?

と、ふと気になって楽天で検索をかけて値段をリサーチしてみました。

定価7万円(元からじゅうぶん高い)の品が果たしておいくらに?

ほー…

ほー…

楽天での検索結果

centaur1
え?

たっか!!

余裕の10万円越えじゃないですか?

188,000円?

正気か?

高過ぎるやろ。

で、さらにこんなのも発見。

centaur2

354?

354,2…

354,240円

354,240円

354,240円!?

いやいやいやいや。

は!?もうこれは…すでに人間の出す額じゃないぞ!!!!

と、取り乱すぐらいの高値がついておりました。

(30万円出すんなら僕なら迷わずアンプ買うけど… ボソ)

と、ケンタウロスさんはすでに庶民が買えるエフェクターではなくなっていたようです。

恐ろしい。

僕、買った時は6万円ちょいしか出してないぞ。

なんか値上がりする株みたいなエフェクターやな。

庶民にはすでに手が出ない高嶺の花子さんなエフェクター。

良いらしい

欲しい

高い

買えない

…となると、各社目をつけるところは同じ。

ケンタウロスと同じ音がする商品を作ったら売れるんじゃね?

と、現在はケンタウロスのコピーモデルを色々なメーカーさんが発売しております。

Electro-Harmonix の soul food もそんなケンタのコピーモデルの一つです。


なめてた。

とは言え、最初にも書いたようにElectro-Harmonixは、アクの強い飛び道具なエフェクターのイメージだったので、「どうせ、ケンタウロスのコピーって言っても別物でしょ!?」とチェックすらしてませんでした。

ところが音を聞いてみてビックリ。

うわ。意外にケンタウロスっぽいやん!?

音の雰囲気はこんな感じ。



ごめんなさい。エレハモさん…なめてました。

こんなに良い感じとは思いませんでした。

厳密に言えば、もちろん違います。

でも、かなり”っぽい”。

香織ちゃんが試奏してる時に思わず「っぽい!っぽい!」て声だしちゃいました(笑)。

ケンタウロス自体にも個体差があるみたいです。

なので自分が普段から聴いてる音としか比較できませんが、soul foodでかなりのところまで追い込めるような気がしました。

楽器屋さん曰く「ギター本体のボリューム調整で音質をコントロールして…みたいな使い方までは、このsoul foodではできないけどね…」との事でした。

私的な感想ですがケンタウロスってね、アンプのヘッドに近いと思ってます。

何のギターやアンプを使ってもケンタウロスの音になる感じ…というか。


ナチュラルブースター的なニュアンスってよりも、けっこう我が強いエフェクター。

でも、その”我”が悪いほうじゃなくて、良い感じに強いんですよね。

なので、ここまで重宝されてるのかな?と思ってます。

soul food、かなり良い感じだな!?とは思いましたが、値段の差もあるので、そこまでのところは期待しちゃ駄目ってことでしょうか。

soul food vs KLON CENTAUR

あくまで”印象”の話なのですが、ケンタよりもsoul foodの方が歪みが強そうかな?とも思いました。

悪い書き方をしたら、soul foodはケンタと比べてしまうと、若干、音に立体感はない気がしたのですが、歪みを強めでガー!っといく感じだったら、むしろsoul foodの方が好きな人も多いかも?とも思いました。

最近のロックっぽい音というか、その感じならsoul foodかなり良い感じな気がしました。

イコライザーの効きはsoul foodの方がわかりやすく効きそう。

ハイ上がりなトレブリーな音も作れてたので、けっこうトーンの効きが良いのでしょうか。

ロウミッドの腰みたいな部分はやっぱりケンタの方かな?とも思いました(弾き比べしたわけではないので、勘違いかもしれませんが)

強めに歪ましても、コードの和音感、六弦の分離間はしっかり欲しいという人には、ケンタ系のコピーであるsoul foodはお勧めです。

…とか書いてますけど、僕はそこまで耳の良い方じゃないので、ブラインドチェックで似た雰囲気の音を作って「さぁ、どっちが本物のケンタウロス?」って聞かれたら、正解する自信はないです(笑)。

どうせ、誰かKLON CENTAURとsoul foodの弾き比べとかして、You tubeに動画あげてるんでしょ?と思って、探してみたらやっぱりありました。

こちら



雰囲気は似てますよね。

…と、ここまで書いててなんですが実際に僕はまだsoul foodを所有してません。

持ってません。

香織ちゃんが弾いてたり、ツマミをいじってるのを見てただけです。

なので

ここまで半分”たぶん”で書いてます(笑)。

ただ、実際に弾いてるとこを見ながら音を聴いた印象は本当にかなり良かった。

サブとして、これは1台欲しいなぁ…とけっこう本気で思ってます。

僕が今から機材を全部新しくするとして、15万円だして無理してケンタウロスを買うんなら、たぶんsoul foodを買うかな?とは思いました。

とりあえず安いんで一台買ってみる。

所有して弾きたおしてみてから、また気がむいたらここにレビューを書いてみたいと思います。

とりあえず安いんで。

そう。

安いんです。


実売価格 ¥10,000 ぐらいで買えちゃいます。

実際に並べて弾き比べたら絶対にケンタウロスとここの感じが違う…とかいっぱい出てくるとは思うのです。

でも、そもそもこれはケンタウロスじゃなくて別のエフェクターなんでね。

ケンタを使ってる僕が書くのも変な感じですが、ギタリストの盲目的なケンタウロス信仰も気持ち悪いな…とも思いますし。

そもそも、15万円の物と1万円の物を比べるのに無理があるんです。

使ってるパーツの値段が違うんでね。

一緒には絶対にならないでしょ。

でも、これ本当にかなり良いと思いますよ。

ケンタウロスに似た、コストパフォーマンスのめちゃくちゃ良いエフェクター

と思えば、これ120点つけてあげてもいいんじゃないでしょうか。

とりあえず、近日中に僕も買ってみようかと思う。

取り急ぎ、このエフェクターの音を聴きたい人は みるきーうぇい のライブへ!



使ってみないとわからない事も多いだろうしね、ワシも買う。

“安い”のもひとつの正義。

初心者さんにお勧めの…
昨日のblogがありがたい事に好評だったので初心者さん向けの機材を紹介してみようかと思います。 ただ昨日もtwitterで書いたのです...

↑このアンプの記事しかり

今のところこのblogの機材系のエントリーは、安いもので使える物系の記事しか書いてないですね(笑)。

おしまい




【The denkibran 3ヶ月連続MV公開企画】



スポンサーリンク